ポコタ灰塚の使用感を支良州高校投手無限指導3人でチェック!

ポコタモフモフの使用感をチェック!

f:id:Hachi32TK:20180222211751j:plain

ポコパンとのコラボイベント「ポコタスタジアム」のメイン報酬、[ポコタ]灰塚を使用した支良州高校投手無限指導3枚デッキで使用感をチェックします。

走塁とスタミナ練習が得意のポコタ灰塚は実践で使用できるのでしょうか。

基本データ

  • 得意練習:スタミナ/走塁
  • 前イベ
  • 金特:逆襲(野手)、形勢逆転(投手)共に確定
  • 上限アップ無し
  • 覚醒無し

投手得意練習があるため支良州高校にて無限指導が可能なキャラクターです。

投手無限指導が可能なキャラクターは風薙や真友沢に続いて3人目で他のキャラクターと得意練習が被っていないことも注目ポイントです。

前イベのスタミナキャラには阿麻や真黒といった得意練習2種類持ちの強力なライバルがいるので投手育成において実質使用される可能性が高い高校は支良州高校だけかなと思います。

野手の走塁練習もエプロン志藤の登場によりデッキ枠を一つ消費してまで走塁キャラを入れる価値があるかというと微妙ですね。

投手育成時の金特は「形勢逆転」であり支良州高校で使われる可能性が高い倉家と被っていることが注意点、野手金特はユニフォーム相良と被る「逆襲」なのでガチ育成においてポコタ灰塚がデッキに入る隙は無いかと思います。

上限アップも覚醒も今のところありませんが、今後走力上限アップが可能なキャラクターが登場したら使われる可能性もあるかもしれません。

ポコタ灰塚の使用感をチェック

f:id:Hachi32TK:20180222213051j:plain

支良州高校投手育成で無限指導可能な風薙、ポコタ灰塚、真友沢を使用したデッキでサクセスを行い、使用感をチェックしました。

f:id:Hachi32TK:20180222213328j:plain

このように投手育成時に無限指導が可能なポコタ灰塚ですが、他の無限指導が可能なキャラクターとサクセス一回通してコツをくれた回数は以下の通りです。

  • 風薙:4回
  • ポコタ灰塚:4回
  • 真友沢:6回

こればかりは運の要素が強いのでなんとも言えません。

ポコタ灰塚と他のキャラクターがコツ練習を同時に発生していた時は、優先してポコタ灰塚と練習をするようにしました。

コツイベ率20%を所持しているポコタ灰塚とコツイベ率UPを所持していない二人を比べてみても大した差は無いですね。

f:id:Hachi32TK:20180222213813j:plain

スタミナタッグ練習が可能なためスタミナ直上げにも期待できるポコタ灰塚ですが、テーブルにスタミナプラスが無いのでどれほどスタミナがあがるのか、一緒に3回タッグ練習をしてみました。

f:id:Hachi32TK:20180222214024j:plain

初回はスタミナ1上がりました。

f:id:Hachi32TK:20180222214003j:plain

2回目はスタミナ3上昇。

f:id:Hachi32TK:20180222214012j:plain

3回目はスタミナ1上昇。

スタミナタッグ練習を行うメリットはかなり薄いですね。

f:id:Hachi32TK:20180222214339j:plain

ポコタ灰塚の固有イベントでは体力回復+ムード〇コツを入手することができます。

しかし……あまり強いイベントでは無いですよね。

結果&まとめ

f:id:Hachi32TK:20180222214522j:plain

最終的な獲得経験点は7747点でした。

甲子園優勝を果たし、クリスマス彼女あり、お正月中吉。

f:id:Hachi32TK:20180222214513j:plain

今回は査定はあまり重視せずに選手を作成しましたが、参考までにS4中継ぎ投手を作ることができました。

f:id:Hachi32TK:20180222215019j:plain

金特4個+32個の特殊能力持ちの中継ぎ投手です。

無限指導は息抜きサクセスにはちょうどいい楽しさですね。

f:id:Hachi32TK:20180222215120j:plain

倉家とポコタ灰塚の金特被りをサクセス中に気が付くミスもありました。

虹谷のドクターKは完走せず、真友沢のド根性は精神が足りず習得できませんでした。

f:id:Hachi32TK:20180222215307j:plain

私がポコタ灰塚を使用した感想は、ガチ育成には向いていない無限指導で遊べるキャラクターといった印象でした。

今後、ポコタ灰塚が輝くためには走力上限アップか覚醒か何かしらの力が必要になるでしょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。