スポンサーリンク

ブラックドロイド入りマントル辺境高校SS2先発投手!

マントル辺境高校投手育成において方石採掘場の設計図をくれるスタミナキャラは非常に重要な役割を果たします。

オクタヴィアの登場によってスタミナ上限アップが実装されたことによりスタミナ練習の重要度がグッと上がった最近のパワプロ。

ブラックドロイドもマントル辺境高校投手育成においてかなり使い勝手がよくなりました。

レベル45で練習効果アップの他、不足しがちな精神ポイントボーナスがあるため効率的に精神ポイントを稼ぐことができます。

この記事ではブラックドロイドをデッキに入れてマントル辺境高校で投手を育成した結果を紹介します。

スポンサーリンク

ブラックドロイド入りマントル辺境高校SS2先発投手!

初期能力は球速130km/hの凡才型です。

スタミナとコントロールに不安が残りますが、大量のダイナマイトタッグ練習で経験点を稼げることを祈りサクセスを始めます。

それにしてもセンス〇が全然でてきませんね…

持ち物はまねき猫と恋愛成就のお守り。

まねき猫はイベントで大量に配布されているので残り90個ほどあります。

一日一回ほどしかサクセスをしていないので割と余ってしまいます。

デッキ構成については以下の通りです。

  • 闇野PSR44
  • ユニフォーム相良SR45
  • 虹谷SR45
  • 堂江SR39
  • ブラックドロイドSR45
  • オクタヴィアPSR50(フレンド)

闇野、オクタヴィアの2体が金特不確定なのでストレスが溜まりそうなデッキです。

しかし強い選手を作るためには確立や運をも味方につけなけばなりませんからね。

 

闇野はイベントで敏捷ポイントを貰えるほか、高査定のマインドブレイカーが最大の売りですよね。

シナリオ金特の下位コツ「縛り」のコツをくれるところもマントル辺境高校にハマっています。

ユニフォーム相良は金特が比較的少ない経験点で入手できることとイベントで敏捷点を稼げるところを評価して採用しました。

 

そして今回のメインはブラックドロイド。

金特イベントでオリジナル変化球を習得することもできますが、クロスキャノンを選択することで確定で金特を入手できます。

さらに不足しがちな精神ポイントをスタミナタッグ練習と精神ボーナスで大量に確保できるほか、ノビ〇、キレ〇、ジャイロボールといった強力なコツも習得することができるので使っていて非常に楽しいキャラクターです。

今回のデッキでは相棒キャラがいないため星

 

石を入手するために休むコマンドを何回か使用しなければなりません。

星石が3個入手できる状態なら優先して休むコマンドを選択した方が後々育成が楽になります。

ただ序盤の採掘場の設計図が欲しい状態で星石3個が現れた時は非常に迷いました。

この時は体力もある程度減っていたので休むを選択しましたが、状況を見てコツを潰した方がいいときもありますね。

虹谷とオクタヴィアのコンボイベントでシナリオ金特の下位コツ「縛り」を獲得。

虹谷は実装されてからどの高校でもテンプレートになるぐらい強いですよね。

PSR虹谷を持っているのでなんとか50まで育てたいなぁ。

闇野のマインドブレイカーを無事に習得。

スタミナ依存と言われているため闇野の金特イベントが発生したらなるべくスタミナを上げました。

この時はスタミナをC60以上まであがっていました。

結果&まとめ

目立ったダイナマイトタッグ練習はありませんでしたが、総合獲得経験点は11744点。

筋力と変化球ポイントを全然稼げなかったことが割と悔やまれる結果となっています。

先発投手でSS2を作成。

ただし中継ぎ適正を最後の能力アップ画面でつけたので、中継ぎだとSS3の選手になりました。

金特10個獲得+コントロールS101+スタミナS101を達成したのですが、球速と変化球が伸び悩みました。

強力なダイナマイトタッグ練習がなかなか発生せず経験点が不足した結果ですね。

闇野とユニフォーム相良がいたおかげか敏捷点に悩むことも無く、精神ポイントもブラックドロイドにかなり助けられました。

この結果を見るとマグロをいれたデッキもなかなか面白そうですね。

ブラックドロイド入りのSS2先発投手育成を紹介しました。

ブラックドロイドを入れたことによって精神ポイントはかなり余裕を持って育成をすることができました。

コツイベントの発生率も高い為非常にマントル辺境高校とマッチしたキャラクターだと実際に使ってみて感じました。

試行回数を増やせばSS4先発投手ぐらいは作れる気がします。

タイトルとURLをコピーしました